So-net無料ブログ作成

幻の五新線をゆく 4 寒い冷たい情けない [on-road]

s-55.jpg
R168 向加名生にて
ハイウェイになった五新線は里山を突き刺して山間へ抜けてゆきます。





s-56.jpg
さらに山深く入り込んでゆくのです。





s-57.jpg
奥へ奥へと・・・。





s-58.jpg
丹生神社近くの「どんぐり亭」でお昼を食べました。
お客はcharingoさんとワタシだけ。





s-59.jpg
から揚げ定食850円。
場所のわりにそんなに安くはありませんが、ボリューム、味共に満足でした。
右側の小鉢は鹿肉の煮付け。
そんなに量を食べられるものではありませんがこれも美味。
レトルトのカレーに入っている肉のような感じです。





s-60.jpg
黒淵の峠を登りきったところで旧道へ入るといきなりダム、そして雪。





s-61.jpg
だんだんと強くなる雪の中でcharingoさんに続きます。

s-62.jpg
雪に立ち向かうcharingoさんの背中を見ていると・・・

s-63.jpg
この人はホントに自転車がすきなんだなぁ~と・・・

s-64.jpg
思わず目頭が熱くなりました。(ウソ)

s-65.jpg
これらの写真撮っててあわや死にそうになりました。





s-66.jpg
西吉野第一水力発電所の水管。





s-67.jpg
五新線がトンネルの間でわずかに顔を出しています。





s-68.jpg
一気に坂を下ると城戸の村でした。





s-69.jpg
屋根に積もってるやんッ!





s-70.jpg
雪はますます激しくなってきました。





s-71.jpg
こんなところにもセント君が・・・。





s-72.jpg
おいおい。





s-73.jpg
雪の中、颯爽と!





s-74.jpg
お―いっ。





s-75.jpg
五新線バスの終点、城戸停留所です。





s-76.jpg
少し戻ってみるとこんな感じ。





s-77.jpg
終点の停留所を通り過ぎてさらに進むとこの閉ざされたトンネルに突き当たって五新線跡は終了。





s-78.jpg
トンネルへつながる橋梁は駐車場として使われているようです。





s-79.jpg
閉ざされたトンネルの向うには何があるのか・・・雪がまた激しさを増してきました。





81.jpg
後日調べてみると、この閉ざされたトンネルは貫通しているようです。五新線跡は阪巻の南、金比羅谷付近でトンネルを抜けて丹生川を渡ったところまでだとか。どうやら忘れ物をしてきてしまったようですねぇ。

つづく
nice!(3)  コメント(6) 

nice! 3

nice!の受付は締め切りました

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
イシム

これは寒そうですね~!!
気合だけでは無理です・・・。
わたしにはとてもとても。
by イシム (2009-12-24 00:59) 

b.b.mk2

イシムさん
わたしももう一度といわれれば無理です。
悲運の1日でした。
でもノドもと過ぎればパーッと忘れてまた行くんですよね。

by b.b.mk2 (2009-12-25 01:34) 

おーしま

こんばんは~
予告どおりコメントさせていただきます。。。

明日は岡山に向かうということで・・・
また、B.B.さんのハイな写真がみれらるのかとおもうと楽しみです。。。

ぼくは六甲に行ってきます。
せっかくなので、三木、明石北部をぐるりを回って☆
(ただ、六甲が心霊スポットらしく、行く前からガクガクブルブルです)
by おーしま (2009-12-26 00:23) 

b.b.mk2

おーしまさん、こんにちは
朝、雨だったのでさらに明日に延期しました。天気が快方へ向うのはわかってましたが朝からぬれるのもヤなので。六甲、いいですね。キツそうだけど。心霊とのツーショット楽しみにしてますヨ!(笑)
by b.b.mk2 (2009-12-26 11:26) 

toshi

こんばんはー^^
いやー本当に寒そう・・・^^;
by toshi (2009-12-27 01:08) 

b.b.mk2

toshiさん
コメントありがとうございます。
ホントに寒かったです。
でも走ればそこそこ温もりますヨ。
問題は汗の放置==>濡れ冷えですね。
by b.b.mk2 (2009-12-27 09:21) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。