So-net無料ブログ作成

周遍寺への道 2 jungle book [off-road]

s-43.jpg

あたりが急に明るくなった気がして振り返ると、雲間から徐々に陽光が射しはじめていました。
先ほどまで格闘した藪、枯れ木、落葉、この谷あいを取り囲むすべての樹木が順々に照らされてゆきます。
そして視界の全てが鮮やかにきらめきながらゆれはじめたのです。

とりあえず、来てよかった ・・・ 全てを忘れて見入ってしまいました。




s-02.jpg
山陽自動車道をくぐって中山の交差点を西へ。
先駆者である「やまあそ」さんにならって、
まずは野尻1号墳の古墳パワーを授かってゆくことにしました。





s-03.jpg
開口部は竹に覆われていますが奥は広くなっています。
さすがに中には入りませんでしたが ・・・





s-04.jpg
横にあった案内看板。





s-05.jpg
古墳パワーも十分に授かったことだし、いざ山へ。
目印は2本のアンテナ。
県道118号沿いの資材置場、立入禁止看板の右側です。





s-06.jpg
いきなりです。
枯葉が敷き詰められた竹のトンネルをくぐり ・・・





s-07.jpg
散乱した倒木を右へ左へかわしながら分け入ってゆきます。





s-08.jpg
だんだんとこちらのテンションもあがってきましたよ~





s-09.jpg
緩やかな枯葉のスロープを釈迦釈迦釈迦釈迦 ・・・





s-11.jpg
とてもいい感じです。





s-10.jpg
段々と斜度も増してきてこのあたりは押し登りでした。





s-12.jpg
登りきると牧場、今度は牧場の有刺鉄線沿いに走ります。





s-13.jpg
牧場といっても景観はイマイチ、見えるのは雑草と山ばかりなり。





s-14.jpg
しばらくいい調子で走ると乗車耐え難い急勾配にさしかかります。
ややこしい岩もあって再度押し登りです。





s-15.jpg
急勾配の先には姫二火力線第62鉄塔が。





s-16.jpg
鉄塔にたどり着くと今度はそこそこの景観がひろがっていましたヨ。





s-18.jpg
山あいに権現湖らしきものと山陽自動車道が見えます。
ふ~っ気持ちいい~っ!





s-19.jpg
ひと息ついてから第62鉄塔をあとにしました。





s-20.jpg
しばらくは微妙な下りを快走できたのですが ・・・





s-21.jpg
スピードがのってきたところでさらに急角度の下り坂!

後輪ディスクをかけても落ちてゆきます。
焦って前輪ディスクをかけた瞬間に前転転倒!!!
一瞬何がおこったのか分かりませんでした。

そのままの姿勢でしばしボ~ッと煙草を吸う。
幸いXTC2も体も無傷・・・これも古墳パワーのおかげでしょうか。





s-22.jpg
気を取り直して再度前進。





s-23.jpg
このあたりの道は細くゆるやかに登っていましたが乗車楽勝です。





s-24.jpg
石もゴロゴロでしたがそこそこ飛ばせましたよんッ。





s-01.jpg
残念ながら最後の短い坂は押し登りになりましたが
本日2本目の姫二火力線第63鉄塔に到着です。





s-26.jpg
でか~っ!





s-27.jpg
この鉄塔は急な斜面に立てられているので
一部の脚には石垣のゲタです。





s-25.jpg
志方の田園が見えます。
手前は山陽自動車道。





s-28.jpg
今度は権現湖もハッキリと見えます。
休憩するなら地面が平らな62鉄塔、景色を見るならこの63鉄塔、覚えといてネッ!





s-29.jpg
鉄塔から先は急な下りです。
先ほどのことがあるのでつい慎重になってしまうんですよねぇ~





s-30.jpg
それでもスピードがのって、いつしかハンドリングに必死!





s-31.jpg
でも愉快!





s-32.jpg
ノリノリで走っていたのですが・・・





s-33.jpg
行き着いた先は藪。
他に道らしきものもないのでとにかく前進。





s-34.jpg
「やまあそ」のレポートでもとにかく信じて進んだと書いてあったし
・・・ とにかく前進あるのみ。
前方の枯れ木や雑草を踏みつけては前へ踏みつけては前への繰り返しでした。
ふと、オレナニシテルンダロウとか・・・





s-35.jpg
視界を閉ざされた状態がしばらく続いて不安になってきました。
本当にここがルートだろうか・・・
ちゃんと帰れるんだろうか・・・
ギアに巻き込んだ雑草を何度となく剥ぎ取っては進み続けました。





s-37.jpg
ここまでくると藪のなかで泳いでるやんッ!





s-38.jpg
というか溺れてるんとちゃうんッ!





s-36.jpg
赤くマーキングされた木を見つけたときには、さすがにホッとしました。
山道では道を判別するための赤いビニールテープがよく枝に巻かれているのを見ますが
直感でそれに類するものであることがわかりました。
案の定、この後も同様のマーキングが続き、それに伝って進んだのでした。





s-39.jpg
やがて藪から空間に脱出してイエイッ!





s-41.jpg
枯葉の道と涙の再会です。





s-40.jpg
先ほどから水のせせらぎが聞こえていると思えば小さな川でした。
道も川も橋も枯葉で埋まっているのでもう少しではまるところでした。

しかしここまでくればもう大丈夫でしょう、ホッホッホのホォ~です。
安心したらドドッと疲れを感じて、しばらく立ち尽くしてしまったのでした。





s-42.jpg
疲れでアタマもボ~ッとしていたと思います。
あたりが急に明るくなった気がして振り返ると、雲間から徐々に陽光が射しはじめていました。
先ほどまで格闘した藪、枯れ木、落葉、この谷あいを取り囲むすべての樹木が順々に照らされてゆきます。
そして視界の全てが鮮やかにきらめきながらゆれはじめたのです。

とりあえず、来てよかった ・・・ 全てを忘れて見入ってしまいました。

つづく
nice!(11)  コメント(11) 

nice! 11

nice!の受付は締め切りました

コメント 11

コメントの受付は締め切りました
masahii-

なんと!まぁーすごいとこ走りますね。一人で走る勇気に拍手!怪我には注意してくださいね。

PS:にんじん社の社長さん・・・私も同級生ですね。b.b.mk2 さんとは過去(大昔?)  にお会いしたことがあるかも・・です音楽関連で。(あくまでうわさですが)


by masahii- (2010-01-12 23:52) 

b.b.mk2

masahii-さん、こんばんわ
大昔の音楽関連なら下手なくせにあっちこっちでやってたので僕かも知れませんね。まあ、叩けばホコリの出るエジプトミイラですから(笑)。そのうちそこかでお会いできるような気がしますね。山行きましょ山ッ(笑)。
お気遣いありがとうございます。
by b.b.mk2 (2010-01-13 00:26) 

toshi

こんばんはー^^
なんだか詩人になっているようです
満足感で一杯だったのでしょうね~♪

しかしどんなとこ走っているんですか?
遭難し無い様にしてくださいね☆
後、春になったらへびとか注意でしょうか^^;
by toshi (2010-01-13 19:23) 

tsuneyosi

いやぁ。全部読み終えたら手に汗かいてました(笑)
藪に突っ込んだあたりから、スゴイはらはらしましたよ。
無事にコースに帰れてなによりです。
続きを期待してます。
by tsuneyosi (2010-01-13 19:26) 

TThair

す、すごーい(゚Д゚;)
こんな道よう走りましたね(滝
地図に載ってるんですか!?

これでまだ続きがあるとは凄すぎです。。。
by TThair (2010-01-13 20:24) 

b.b.mk2

toshiさん、コメントありがとうございます。

> なんだか詩人になっているようです
> 満足感で一杯だったのでしょうね~♪

テヘッ!
転んだときにアタマを打ったのかもしれませんねぇ~
それとも給料が少なくっておセンチになっているのか ・・・ (笑)

お気遣いありがとうございます。
僕の場合、山行きは冬限定です。ヘビだめ、虫だめ、ヒルだめなので。
本当は行かなかった後半がノレノレのいいコースだったみたいです。
今回は厳しいところだけになってしまいました。
まるで修行です。(涙)
by b.b.mk2 (2010-01-13 22:56) 

b.b.mk2

tsuneyosiさん、コメントありがとうございます。
僕もはらはらドキドキしちゃいました(笑)
でもコースは外れてなかったんですよ、道ではなくなってきていただけで。僕はトレースしただけですが、はじめて走った先駆者さんはすごいと感動してしまいました。tsuneyosiさんもMTBで山へどうですか?MTBからロードはよく聞きますが逆は聞きませんよね。
by b.b.mk2 (2010-01-13 23:02) 

b.b.mk2

TThairさん、ありがとうございます。
地形図にでている道もありますがあてになりませんね。僕は記事中にリンクをはった「山であそぼっ」に掲載されているルート図を参考に走りました。

> こんな道よう走りましたね

さすがに今回は自分でもアホやなぁと思ってしまいましたよ。(哀)
by b.b.mk2 (2010-01-13 23:05) 

Fuel

古墳パワー万歳。
すごいご利益ですね。
by Fuel (2010-01-13 23:47) 

b.b.mk2

F師匠!こんばんわ
ホントは藪がクッションになったのもあるんですけどね。

ところでF師匠は坂がお好きだと聞いたのですが、今回最後に周遍寺から県道79号(加西高砂線)播磨中央自転車道起点付近に出る坂はとても急なのが延々と続いていました。ここから周遍寺に行かれてみてはどうですか?charingoさんと(笑)。僕にはあれを登りきるのはキツいです。地図にも出ている車用の舗装された道ですがボコボコでロードタイヤではきついかも知れません。
by b.b.mk2 (2010-01-14 00:34) 

Fuel

b.bさん情報ありがとうございます。
今度charingo!さんに言ってみますが、即拒否されそうな雰囲気ですね。
by Fuel (2010-01-14 12:19) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。